HOME | 代表コラム | 生前整理や終活のポイント | どっちをやればいい?生前整理と遺品整理の違いとは

どっちをやればいい?生前整理と遺品整理の違いとは

テーマ:終活や生前整理のポイント


どっちをやればいい?生前整理と遺品整理の違いとは
 

生前整理に対して遺品整理というのもありますが、生前整理は「本人」が、遺品整理は「本人の家族・親族」が行います。遺品整理については、故人に身寄りがない場合は関わりのある第三者か私たち遺品整理専門業者が代わりに行うこともございます。
 
生前整理と遺品整理のやり方にはほとんど違いはありませんが、生きているうちに自分の身辺を整理するのと、遺された人が故人の所有していた物を処分するのではその内容に大きな違いがあります。
 

生前整理と遺品整理の意味合いはどう違うのか 

生前整理は、所有者本人の意思で身の回りの物を処分したり、大切なものをわかりやすく収納したりします。人生に一区切りをつけて、家の中にある物を見直しながらよりよい人生を考えるための方法でもあります。
また、子や孫など家族や親族に負担をかけないようにする意味もあります。
 
下の写真は生前整理と遺品整理の違いについてまとめた資料です。最近では老いる前に片づけを行う「老前整理」という言葉を耳にする機会もあります。「心も体」も元気なうちにご自身の身の回りを見直してみる事が大切だと思います。
 

生前整理と遺品整理の違い

 
遺品整理は、一般的には故人の遺した物を家族や親族が、相続できる物や形見以外の物を処分します。エンディングノートや遺言書に記載があれば、その通りに整理しますが、何もなければほとんどの物は捨てるかリサイクル業者に引き取られるかになります。
 
生前整理は、自分で行うので物への思い入れがある分、処分に時間がかかりますが、引き取り手を見つけて譲り渡したりする事もできます。
ある程度目安としての期日を決めて、その日を目指して作業を進めていくことも効率的ではありますが、体調のこともあります。また、「〇日までにあれもこれも整理して捨てなければ」と思うと気づかないうちに心にも負担がかかります。
 
期日は無理に決めなくてもいいので、体力や気力の様子を見ながら、納得のいく処分を行うのがよいでしょう。
ただし、子ども夫婦のもとへ行く、介護施設に入所するなどで、持参する物が限られている場合は、思い切った決断が必要になります。家族にも手伝ってもらって、必要最小限の物だけを選び出して後は処分するなどの作業も出てきます。
 
遺品整理は、故人の遺志が示されなければ、家族や親族にとって思い入れのある物以外は、ほぼ捨ててしまいます。遺品整理を行う時期に制限はありませんが四十九日を目安に行う方が多いです。賃貸住宅や売却が決まった家の場合は、退去の期日が決まっているので、相続や形見分けが済んでしまったら業者を呼んで早めに処分することが多いようです。
 

生前整理をしないと遺された人が大変な思いをする

 

生前整理をしないと遺された人が大変な思いをする
 

遺品整理をする際に、生前整理が全くされていない場合は、どこに何があるのかわからないので、遺産相続に関わる書類や故人の預金通帳、保険証、生命保険の証券などの大切な物を探し出すのに大変苦労します。
生活用品などの使える物は誰かが引き取ったり、リサイクルショップに売ったりするなどの判断がつきやすいのですが、高級衣料品、趣味のコレクション、手紙類、蔵書などが大量に遺されていれば、内容をよく確認する必要が出てきます。遺品整理の一番大変なところは、何を捨てていいのかを分別するのに時間と手間がかかることです。
特に、関心のない人から見れば価値のない物でも、愛好家の間で高額な値がつけられて売買されている物だったとすれば、知らずに捨ててしまい損をしてしまう可能性もあります。相続に関わることでもあるので、換金の可能性のある物は、生前整理といっしょにコレクションの相場金額を明記した目録をつくっておくといいでしょう。年に1度くらいのペースで生前整理を行っていれば正確な相場で目録が整うので、相続問題を残さずに済みます。
もちろん、自分は亡くなってしまうので、後のことは知らないというのであれば、それはそれでしょうがありません。生前整理など面倒なことは必要ないのかもしれませんが、生前整理をしなければ確実に遺された子や孫、親族が大変な思いをすることになります。
 

生前整理をしていれば遺品整理はしなくていい?

一念発起をして、完璧な生前整理を済ませてしまえば、遺品整理は必要ないのでしょうか。残念ながら、そうキレイに線引きのできるものではありません。亡くなるまで自宅で過ごしていれば、それなりの生活用品が遺されますし、結局捨て切れなかった物もあるでしょう。
 
ただ、整理された物と整理されていない物では、処分の手間がかなり違います。捨てる物の量も違います。退去の期日が決まっている場合は業者に処分を依頼されることになろうかと思いますが、かかる時間も料金にも大きな違いが出てきます。
 
「生前整理をしたいけれど、お手伝いをしてほしい」「家の中に物があふれて、とてもひとりでは片付けられない」などの場合は、生前整理をサポートできるスマイルライフみやぎに相談してみるという手もあります。弊社では顧問の士業、提携寺院・企業と連携して終活のトータルサポートが可能です。先々のことも安心してお任せください。
 
できれば、家族や親族が集まって思い出話などをしながら整理をするのが理想的ですが、日々の生活に忙しければ、なかなか集まる機会もつくれないと思います。とにかく終活・生前整理を始めたいと思ったら専門業者スマイルライフみやぎに相談することで、生前整理に向けた一歩を踏み出すお手伝いをいたします。
 
未来の自分と家族の事を想い、とにかく始めたいと思ったら専門業者スマイルライフみやぎにご相談ください。
『一期一会の想いで。』生前整理・終活に向けた一歩を踏み出すサポートをいたします。

「故人も遺族も負担が減る遺品整理の考え方」

法的に遺品は相続人の相続財産です。トラブルを避ける意味でも、遺品の整理は相続人が行うのが安心です。家を相続する場合は、引き継いだ特定の人の責任となります。家を売る場合は、相続人全員で遺品整理を行います。

遺品整理を行う中では、捨ててよいかどうか、迷いや罪悪感が生じます。思い出は優先順位をつけ残す基準を決めること。物を処分しても、故人の思い出は変わりません。きちんと遺品と向き合い整理をつけてあげる方が、故人も喜ばれるでしょう。
続きはこちら

故人の意志や希望を尊重する上で、まず探すべきは遺言書とエンディングノートです。遺言書には法的効力があり、遺品の処遇にも関わってきます。作業はトラブルを避けるために、全員で話し合ったのちに代表者が行いましょう。
続きはこちら

賃貸物件の場合ならば、退去期限までに片付けなければなりません。持ち家ならば、遺族の都合に応じて進めましょう。相続人が集う四十九日などの法要のタイミングも、効率よく行えます。時間が許せば、気持ちの整理がついた時期が理想的です。
続きはこちら

「捨てる」という行為だけでも気が引けるのに、遺品は故人が使っていた思い出の品です。処分してよいものかと罪悪感を抱きますが、悩む気持ちは供養しようという気持ちのあらわれです。故人からはきっと感謝されるでしょう。
続きはこちら

遺品整理には時間と手間がかかります。遠方にいて時間が取りにくい場合は、プロに任せたほうが時間と交通費の節約になります。便利屋さん不用品処分業者とちがい、遺品をゴミとしてあつかうのではなく、思い出の品を整理します。
続きはこちら

いざ遺品整理に取りかかると、明らかにゴミや不用品と分かるものを捨てても残るものが大量に出てきます。遺族のなかで引き取る人もいなければ、行き先が無くなってしまいます。
続きはこちら

故人の姿が写った写真は、処分しにくいものです。まずは、被写体ごとに写真を分類し、残す優先順位をつけます。スキャニングしてデータ化すれば、すべての写真を残すことも可能です。
続きはこちら

終活や生前整理のポイント

自分が亡くなったら持ち物は全部捨ててくれればいいから、などと軽く考えていると、遺された親族が苦労することになってしまいます。いくつかある終活でやるべきことの一つに生前整理があります。生前整理とはどういうものなのか、やり方はどうなのかなどをご紹介します。
続きはこちら

生前整理に対して遺品整理というのもありますが、生前整理は「本人」が、遺品整理は「本人の家族・親族」が行います。遺品整理については、故人に身寄りがない場合は関わりのある第三者か私たち遺品整理専門業者が代わりに行うこともございます。生前整理と遺品整理のやり方にはほとんど違いはありませんが、生きているうちに自分の身辺を整理するのと、遺された人が故人の所有していた物を処分するのではその内容に大きな違いがあります。
続きはこちら