HOME | 代表コラム | 故人も遺族も負担が減る遺品整理の考え方 | 遺品整理を行う上で気を付けておくべきポイント

遺品整理を行う上で気を付けておくべきポイント

テーマ:故人も遺族も負担が減る遺品整理の考え方


故人の意志や希望を尊重する上で、まず探すべきは遺言書とエンディングノートです。遺言書には法的効力があり、遺品の処遇にも関わってきます。作業はトラブルを避けるために、全員で話し合ったのちに代表者を決めて進めていくのが良いでしょう。
 

遺品整理を行う上で気を付けておくべきポイント

 

遺品整理は、遺言・エンディングノートの確認から始まる

誰かが亡くなった後にやらなければならないことは、数多く出てきます。家や預貯金、有価証券などは法にのっとって相続人が引き継げばよいので、粛々と進めることができます。
扱いに頭を悩ませるのは、大量の生活用品や家財道具の存在です。こうした遺品整理には明確な処分の基準も、定められた期限も設けられてはいません。
 
それだけに、「いったい何からどうやって手を付けてよいのやら」と、困り果ててしまう人も少なくないでしょう。
良かれと思って処分したはいいものの、ほかの相続人から勝手に捨てたことを非難されることもあります。近所に住んでいるからと、ほかの親族に相談なしで遺品整理を始めてしまうと、高価な遺品を独り占めしたのではと勘ぐられるかもしれません。
 
何よりも、遺品や遺産の処遇は遺言の有無で変わってきます。遺品の処分や相続について、親族で話し合いを重ねて結論が出たとしても、遺言書が後からでてくればすべてひっくり返ります。
法的効力がある遺言書が見つかれば、そこに書いてある分配方法に従って相続や遺品の処分を行う必要があります。
 

遺品整理は、遺言・エンディングノートの確認から始まる

 
また、最近では終活の一環として知られるようになったものに、エンディングノートがあります。遺言書のような法的効力はありませんが、故人の希望する遺品整理の方法が書き記されているかもしれません。すでに処分してしまった物が、「知人の誰それにもらってほしい」とエンディングノートに記してあっても後の祭りです。
故人の意志や希望をできる限り尊重したいのであれば、何をおいてもまず探すべきは遺言書とエンディングノートです。
 

相続人で遺品整理を行う日を決める

次は、遺品整理を行う日程を決めます。後からトラブルにならないように、できる限り相続人が一堂に会したときに、遺品整理をどうするか話し合いしましょう。
業者の手を借りない場合は、作業にそれなりの時間がかかります。スケジュールを決めるためにも、どのくらいの遺品があるか、事前に下見をすることをおすすめします。
理想から言えば、遺族全員で故人を懐かしみながら形見分けしていくのが望ましいでしょう。
しかし、昨今の核家族化や故人とのつながりの深さから、なかなか全員でというのは難しいのが現状です。その場合は、ほかの遺族の了解をとってから、相続人の代表者などで順次進めていくこととなります。
 

遺品の仕分け・形見分けを行う

具体的な作業の段階に入ったら、まず取りかかるのは遺品の仕分けです。
最初に、貴重品を探し出します。現金や預金通帳・印鑑・身分証明書・保険証のほか、家や土地にかかわる権利書・賃貸ならば契約書を見つけます。日用品の片づけをしている途中で出てくるだろうと後回しにするのは禁物です。物があふれている中で、誤って不用品と一緒に処分してしまう恐れがあるからです。真っ先に見つけておくと、後の作業が滞りなく運びます。
 
遺品の一部は、形見分けとして親族や故人と親交が深かった人に贈ることもあります。どんなものがふさわしいかは、受け取る側と故人の縁に左右されます。一般的には腕時計や万年筆などの実用品が選ばれることが多くなっています。趣味のコレクションも同好の士には喜ばれます。洋服や着物も個人の面影がしのばれます。
 
形見分けで注意したいのが、高価すぎるものを選ばないということ。あまりの高級品ともなれば相続財産として見なされないとも限りません。贈与税が絡んでくると厄介です。かなり高価なものであれば、ほかとの兼ね合いもでてきます。やっかみを受けないためにも、高価なものは選ばない方が無難です。
 

不用品の処分を行う

貴重品や形見分けの遺品をより分ければ、後に残るのは不用品です。通常の不用品ならば、お住まいの自治体の決まりに従って廃棄します。粗大ゴミも市町村に廃棄を依頼するか、専門の回収業者に引き取ってもらいましょう。
 
まだ使える家財や、価値のある収集品などはリサイクルやリユースにまわすことも考えられます。まとめて持っていってもらうよりも、レコードのような趣味の品ならそれを専門に扱っている中古販売店の方が価値をつけてくれます。
 
ただ、多少のお金にはなりますが、相当な手間がかかります。短期間で終わらせたいのならば、最初から遺品整理の専門業者に依頼するのがよいでしょう。弊社では動産の有価買取も行うので遺品整理の費用自体も相殺されて安くなることもあります。

「故人も遺族も負担が減る遺品整理の考え方」

法的に遺品は相続人の相続財産です。トラブルを避ける意味でも、遺品の整理は相続人が行うのが安心です。家を相続する場合は、引き継いだ特定の人の責任となります。家を売る場合は、相続人全員で遺品整理を行います。

遺品整理を行う中では、捨ててよいかどうか、迷いや罪悪感が生じます。思い出は優先順位をつけ残す基準を決めること。物を処分しても、故人の思い出は変わりません。きちんと遺品と向き合い整理をつけてあげる方が、故人も喜ばれるでしょう。
続きはこちら

故人の意志や希望を尊重する上で、まず探すべきは遺言書とエンディングノートです。遺言書には法的効力があり、遺品の処遇にも関わってきます。作業はトラブルを避けるために、全員で話し合ったのちに代表者が行いましょう。
続きはこちら

賃貸物件の場合ならば、退去期限までに片付けなければなりません。持ち家ならば、遺族の都合に応じて進めましょう。相続人が集う四十九日などの法要のタイミングも、効率よく行えます。時間が許せば、気持ちの整理がついた時期が理想的です。
続きはこちら

「捨てる」という行為だけでも気が引けるのに、遺品は故人が使っていた思い出の品です。処分してよいものかと罪悪感を抱きますが、悩む気持ちは供養しようという気持ちのあらわれです。故人からはきっと感謝されるでしょう。
続きはこちら

遺品整理には時間と手間がかかります。遠方にいて時間が取りにくい場合は、プロに任せたほうが時間と交通費の節約になります。便利屋さん不用品処分業者とちがい、遺品をゴミとしてあつかうのではなく、思い出の品を整理します。
続きはこちら

いざ遺品整理に取りかかると、明らかにゴミや不用品と分かるものを捨てても残るものが大量に出てきます。遺族のなかで引き取る人もいなければ、行き先が無くなってしまいます。
続きはこちら

故人の姿が写った写真は、処分しにくいものです。まずは、被写体ごとに写真を分類し、残す優先順位をつけます。スキャニングしてデータ化すれば、すべての写真を残すことも可能です。
続きはこちら

終活や生前整理のポイント

自分が亡くなったら持ち物は全部捨ててくれればいいから、などと軽く考えていると、遺された親族が苦労することになってしまいます。いくつかある終活でやるべきことの一つに生前整理があります。生前整理とはどういうものなのか、やり方はどうなのかなどをご紹介します。
続きはこちら

生前整理に対して遺品整理というのもありますが、生前整理は「本人」が、遺品整理は「本人の家族・親族」が行います。遺品整理については、故人に身寄りがない場合は関わりのある第三者か私たち遺品整理専門業者が代わりに行うこともございます。生前整理と遺品整理のやり方にはほとんど違いはありませんが、生きているうちに自分の身辺を整理するのと、遺された人が故人の所有していた物を処分するのではその内容に大きな違いがあります。
続きはこちら