HOME | 代表コラム | 生前整理や終活のポイント | 生前に身の回りを整理する「生前整理」のやり方とは

生前に身の回りを整理する「生前整理」のやり方

テーマ:終活や生前整理のポイント


生前に身の回りを整理する「生前整理」のやり方|スマイルライフみやぎ

テレビなどで、有名な俳優さんやタレントさんが終活をしているという話をよく聞くようになりました。そんなこともあって、終活は、タレントさんみたいに大邸宅で衣装なんかもたくさんある人のすることだと思っていませんか?
自分が亡くなったら持ち物は全部捨ててくれればいいから、などと軽く考えていると、遺された親族が苦労することになってしまいます。いくつかある終活でやるべきことの一つに生前整理があります。生前整理とはどういうものなのか、やり方はどうなのかなどをご紹介します。
 

生前整理とは断捨離とどう違うのか

人が生きていく中で、身の回りの物は年を重ねるごとに増えていきます。ましてや、家族もいて何十年も同じ家で暮らしていたとなれば、すでに必要のなくなった物も含めて大量にあることでしょう。
 
断捨離という言葉をよく耳にしますが、これは、不要なものを整理して物への執着を手放した生活を手に入れるというものです。「不要な物を捨てる」ことに関しては同じなのですが、生前整理は、遺される人のことを考えて身の回りの整理をすることです。
 
自分がいなくなることを前提としていますから、身の回りのものは生活に必要なもの以外はできるだけ処分して、大切な物、子や孫へ引き継ぎたい物は遺された人にもわかるように整理して収納します。
 
何十年も同じお家で生活してきた人は、数日くらいでは片付けられないくらいの物が増えているかと思います。すでに何がどこにあるのかわからず、どこから手をつけたらいいのかもわからない場合があります。
そろそろ生前整理をしようかと考えたときに、家族に相談して一緒に始めるといいかもしれません。
 

生前整理には効率的なやり方がある

生前整理をしようと思っても、何から始めたらいいのかわからないので、なかなか手をつけられないという方も多いかと思います。
 
生前整理は、家の中に何があるのかを確認する作業として、身の回りの物の片づけから始めましょう。
 
そして、片づけをしながら、使っていない物の中から捨てるものを寄り分けます。燃えるゴミ、燃えないゴミ、粗大ゴミに分別して、それぞれのゴミの日に合わせてまとめて出すようにすれば、段々に家の中が片づいている実感が出てきます。
 
問題は、捨てる決断のできない物です。他の人から見れば大切なものには見えなくても思い入れのある物はなかなか捨てられません。そうは言っても収納スペースは限られていますから、その中でも明らかに壊れて使えない物や使い道のない物はできる思い切って捨てましょう。
 
そのうえで、手元に置いておきたい物と、捨てられないけれど手放していい物に分けます。捨てることは難しくても、誰かに引き取ってもらえるなら手放してもいいと思ったら、友人知人に声をかけて譲ったり、リサイクル業者に売ったりしましょう。
 
転居が決まっているなどタイムリミットのある場合は、できるだけ思い入れをなくして事務的に捨てていく必要がありますが、そうではない場合は、手順を踏みつつ、自分の納得のいくまで吟味することが生前整理の特徴的なところでもあります。
 
生きているうちは手元に置いておきたい物は、遺された人が処分しやすいように分類して収納しておきましょう。
美術品など趣味のコレクションがある場合は、その価値がわかるような覚書などをつけておきましょう。本は図書館などに寄贈することもできるので、目録を用意しておくと後々の処理がしやすくなります。
 

生前整理をスムーズに進めるポイント

まず、生前整理はいつ始めたらいいかということが大きなポイントです。自分の残された人生について考え始める時期は人によってさまざまだと思いますが、それがいつだとしでも、思い立った時が始めるのに最適な時期と考えて、すぐに行動しましょう。
 
できれば、自分である程度のことができる、体力のあるうちに始めることが望ましいと思います。
思い立ったら吉日。生前整理をスムーズに行うために段取りを決めましょう。
手始めに、家の中にスペースを作るために、古くなった家具などの大物をリサイクルショップに引き取ってもらうか、粗大ゴミとして出しましょう。
大物から始めるとスッキリ感が味わえるので作業に弾みがつきます。そのあと、本や雑誌を処分する日、着物や洋服を処分する日、と目標を決めて進めていきます。
また、思い入れの薄い物から処分していけば、気持ちよく進めることができます。趣味の物、手紙類、写真や思い出の品物などは、久しぶりに目にすることもあって、懐かしくいろいろな思いも出てきますから、時間がかかることを想定しておきましょう。
 
捨てられない物は無理せず、整理して段ボール箱に詰めるなりして子や孫など親族に処分を託してもいいと思います。
生前整理をひとりで、もしくは、夫婦で始めて予想以上に大変だと感じたら、別居の家族や近しい親族などに手伝ってもらうといいでしょう。子の持ち物が物置などに残されている場合もあるので、残された人生をどう生きていきたいのかを家族で話し合えるいい機会にもなります。

「故人も遺族も負担が減る遺品整理の考え方」

法的に遺品は相続人の相続財産です。トラブルを避ける意味でも、遺品の整理は相続人が行うのが安心です。家を相続する場合は、引き継いだ特定の人の責任となります。家を売る場合は、相続人全員で遺品整理を行います。

遺品整理を行う中では、捨ててよいかどうか、迷いや罪悪感が生じます。思い出は優先順位をつけ残す基準を決めること。物を処分しても、故人の思い出は変わりません。きちんと遺品と向き合い整理をつけてあげる方が、故人も喜ばれるでしょう。
続きはこちら

故人の意志や希望を尊重する上で、まず探すべきは遺言書とエンディングノートです。遺言書には法的効力があり、遺品の処遇にも関わってきます。作業はトラブルを避けるために、全員で話し合ったのちに代表者が行いましょう。
続きはこちら

賃貸物件の場合ならば、退去期限までに片付けなければなりません。持ち家ならば、遺族の都合に応じて進めましょう。相続人が集う四十九日などの法要のタイミングも、効率よく行えます。時間が許せば、気持ちの整理がついた時期が理想的です。
続きはこちら

「捨てる」という行為だけでも気が引けるのに、遺品は故人が使っていた思い出の品です。処分してよいものかと罪悪感を抱きますが、悩む気持ちは供養しようという気持ちのあらわれです。故人からはきっと感謝されるでしょう。
続きはこちら

遺品整理には時間と手間がかかります。遠方にいて時間が取りにくい場合は、プロに任せたほうが時間と交通費の節約になります。便利屋さん不用品処分業者とちがい、遺品をゴミとしてあつかうのではなく、思い出の品を整理します。
続きはこちら

いざ遺品整理に取りかかると、明らかにゴミや不用品と分かるものを捨てても残るものが大量に出てきます。遺族のなかで引き取る人もいなければ、行き先が無くなってしまいます。
続きはこちら

故人の姿が写った写真は、処分しにくいものです。まずは、被写体ごとに写真を分類し、残す優先順位をつけます。スキャニングしてデータ化すれば、すべての写真を残すことも可能です。
続きはこちら

大量に残されて処分に困るのが衣類です。故人の大切にしていたスーツや着物は、心情的に捨てにくいものです。スマイルライフみやぎでは遺品整理時、衣類の仕分分別を行ったうえで、ウエス・反毛材料など資源としての再利用をして廃棄物の抑制を心がけております。
続きはこちら

終活や生前整理のポイント

自分が亡くなったら持ち物は全部捨ててくれればいいから、などと軽く考えていると、遺された親族が苦労することになってしまいます。いくつかある終活でやるべきことの一つに生前整理があります。生前整理とはどういうものなのか、やり方はどうなのかなどをご紹介します。
続きはこちら

生前整理に対して遺品整理というのもありますが、生前整理は「本人」が、遺品整理は「本人の家族・親族」が行います。遺品整理については、故人に身寄りがない場合は関わりのある第三者か私たち遺品整理専門業者が代わりに行うこともございます。生前整理と遺品整理のやり方にはほとんど違いはありませんが、生きているうちに自分の身辺を整理するのと、遺された人が故人の所有していた物を処分するのではその内容に大きな違いがあります。
続きはこちら

 
遺品整理のお見積り、お問い合わせ